wordpress

実質タダ!?国内最速のConoHa WINGを最安で利用する方法

こんにちは、テゲレッドです。

先日のブログでは国内最速のコノハウイングにサーバー移転した結果をレポートしました。

国内最速のコノハウイングにサーバー移転したら、その名の通り「ヤバ速」かった こんにちはテゲレッドです。 この度、お名前ドットコムレンタルサーバー(SD-11)から、同じGMOグループで「国...

PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)で調べたところ、以前のサーバーだとモバイルの点数が10~22点だった私のブログが、コノハウイングに変更して、見事76点となり、管理画面もサクサク動くようになった報告させて頂きました。

テゲレッド

安定した環境が整えられておらず申し訳ありませぬ。。

今回は国内最速と言われるコノハウイングを正規料金から更に安く利用する方法をお伝えします。

国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

ConoHa WINGの料金体系

ConoHa WINGには「WINGパック」と「通常タイプ」の2つの料金体系があり、各プランともに転送量目安やSSDサイズによって、ベーシック、スタンダード、プレミアムというプランに分かれています。

コノハウイングの特徴としてはいずれのプランでも初期費用がないのが挙げられます。

他社だとプランによっては初期費用が3,000円ほどかかるところもありますが、ブログを続けられるかどうか不安なブロガーさんには障壁の低い料金設計となっています。

テゲレッド

月額100円の差なら、初期費用3,000円があるなしで取返すのに30ヵ月かかります

当ブログでは分かりやすくするためにベーシックプランを前提に話を進めさせていただきますね。

通常タイプ

通常タイプは、最低利用期間「無し」で月額最大1,200円となっており、1時間当たり2円という設計になっております。

そのため1日当たり48円となり、単純計算で30日の月なら1,440円の利用料金となるところですが、上記の通り1,200円で課金にブレーキがかかります。

仮に8月10日の日をまたぐ直前で解約した場合、その月は10日分(240時間)の請求となり480円の費用です。

他社でもよくありますが、長期契約にすると先に費用を払ってしまっているため解約後の残りの未使用分を損した気分になりますが、通常プランならそういうこともなく、止めたいときに止めやすいシンプルな料金体系になっています。

ちなみに私は通常プランにしています。(ブログ辞める気はないけど人間気持ちがいつ切れるか分からないですからね)

WINGパック

WINGパックは通常タイプと対極にあり、3ヵ月、6ヵ月、12ヵ月、24ヵ月、36ヵ月と長期契約を結ぶにしたがって月額に換算した時の金額が割り引かれている契約になります。

通常契約は最大月額1,200円ですが、WINGパックの36ヵ月契約にすると月額800円となり33%オフとなります。3ヵ月プランですと月額1,100円ですので通常プランより月額100円お得です。

3年のスケールで考えると通常タイプは支払総額が43,200円、WINGパックは28,800円となり14,400円も差額が生まれます。

つまり通常タイプで24ヵ月以上ブログを継続するとWINGパックに費用対効果の面で負けてしまうような設計になっています。

会社HP用のサーバーなどでコノハウイングを利用するなら、ゴーイングコンサーンの前提のもと36ヵ月契約が間違いなくお得ですね。

ブロガーさんは、金額的にはもちろんWINGパックの方がもちろんお得ですが、36ヵ月はなかなか長期ですので、ご自身の覚悟と相談されるところからスタートではないでしょうか。

続くか不安ならWINGパックの3ヵ月から進めてみましょう。

WINGパック 36ヵ月プラン

WINGパック 3ヵ月プラン

・WINGパックは長期契約で料金体系が月額800円~と割安。途中解約しない前提の法人サイト等にオススメ。

・通常プランは月額最大1,200円で従量課金型。最低利用期間なし。サクッと止めることもできるので駆け出しブロガーにオススメ。

国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

いかに最安で利用するか

ConoHaWINGですが、どちらの会社が運営サービスしているかご存じでしょうか。


東証1部上場の
GMOインターネット株式会社です

もうお分かりでしょうか。同社の株主優待を利用するんです。

GMOインターネットの株主優待は年2回実施され、条件は毎年6、12月末の株主名簿及び実質株主名簿に記載された当社株式を1単元以上所有している場合に配布されます。

1単元とはつまり100株のことで、8/5時点では307,500円となっております。

少し先行投資費がいりますがGMOインターネットが上場して、存在している限り、紙屑にはなりませんので、国内最速サーバーを安く手に入れるならGMOインターネットの株も100株だけ購入するのは良い手法ではないでしょうか。

サーバー関係の優待項目は「グループの各種サービス利用料5,000円分(上限)」というところに該当し、年2回の配布ですので1年間保有していれば10,000円分デポジットという形で還元されます。

GMOインターネット社の株主優待ページ

優待額の10,000円を上記株価で割れば利回り3.25%ですので銀行預金よりはお得ですし、WINGパックの36ヵ月契約にすると年間10,560円税込(月額800円税別)ですので、ほぼ無料で国内最速のサーバーが利用できるようになります。

また同社は3ヵ月ごとに配当も実施しており、昨年の配当実施額は年間で100株当たり2,400円でした。

20%の税金を引いて1,920円でしたので、優待と配当を足せば合計で11,920円になり、完全無料でコノハウイングを3年は利用できることになります。

通常パックでも税別月額1,200円、年間税込15,840円ですので、実質3,920円でサーバーが利用できることになります。

コノハウイングのWINGパック36ヵ月契約だと1年で税込10,560円。GMOインターネットの配当と優待を足すと見込みでは年間11,920円が得られ実質無料で国内最速のサーバーが利用できる。通常プランでも3,920円での利用が可能。

いかがでしたか?ワードプレス利用者の多くが推奨するX社にも負けずと劣らないコノハウイングを実質無料で使う方法を利用すれば、ブログ運営で発生する固定費を絶対的に削減できます。

最初のうちは年間1万円をブログで稼ぐのも一苦労です。

手元資金に余力があるなら試さない手はありません。

是非、株主優待セットでコノハウイングをお試しください。

ABOUT ME
テゲレッド
鹿児島出身 | 東京在住 | 30代 | 2児のパパ | 楽天経済圏 | 楽天24ファン | 夫婦でROOM | 便利ツールの開発を少々 | 身近な節約方法 | お得情報発信 | 本業は不動産で富裕層コンサルやリノベーションなど |
\完全データ使い放題(楽天回線エリア)/

Rakuten Linkアプリ利用で国内かけ放題

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA