お役立ち・雑記

ノートパソコンでUSB給電やってみた

テゲブルー

ガジガジ、ガジガジ

アイコン名を入力

ん?何やってるの?

テゲブルー

ガジガジ、ガジガジ

アイコン名を入力

PCケーブル噛んでるのね~、って、おいっ!!

こんにちは。テゲレッド(@tegered2)です。

先日、私が使っているデルのXPS13(9360)の電源アダプタが子供にカジられ、内線が切れてしまいました。

電源アダプタを買わなくてはと思い、ノートパソコンのハード面をチェックしていたら、

給電接続部の丸い穴の端子の横にUSB,type-cの差込口があり、そこに「雷マーク」が付いているじゃないですか。

デルの正規品アダプタを手に入れるにはネット注文のみで、しかも1週間はかかりそう。

それでは仕事にも支障をきたします。

せっかくtype-c給電ができることに気づいたので流行りのUSB給電にするため、秋葉原のヨドバシカメラで調達することにしました。

購入商品

株式会社ミヨシが出している以下の2点を購入しました。

USB給電を検討する際に気を付けること

デル・XPS13のUSB給電を購入する際に気を付けることは以下の3点です。

・電源アダプタは45W規格を買う(ノートPCによってW数は異なります)

・USBコードはtype-cのPD(Power Delivery)規格商品を買う

・USB-Aポートと同時に充電する場合は30W出力になる

45W規格の電源アダプタ

消費電力はパソコンによって異なりますが、XPS13の電源アダプタの仕様は45Wとなっています。

DELL XPS13 設定と仕様

調べたところXPS13の後継機種も今のところ消費電力は45Wですので、同じ商品で問題ないと思われます。

出力容量が異なるものを利用すると十分に充電できなかったりするので注意しましょう。

PD(Power Delivery)規格商品を買う

USB type-cのケーブルも色々ありますが、汎用品ではなく「PD(Power Delivery)規格商品」を購入しましょう。

PD規格を買う理由は、USB type-cの最大電圧は20Vとなっており、45Wの消費電力に対応させるには45を20で割った2.25A以上の電流が流せる規格のコードを買わなくてはならないからです。

最新のtype-cだからといって汎用品の細い線で充電しようとしても、そのパワーに応えられないのと安全性の点で問題が生じる可能性が大いにあります。

USB PD対応のケーブルは調べてみたところ3A/5Aに分かれており、PD対応品を購入すれば、ケーブル自体が対応電流以下となる問題は発生しなそうでした。

本製品は最大5Aとなっているので十分ですね。

電源アダプタ、USBケーブルともに、良いお値段しますが、パソコンは10万円以上はするでしょうから、壊さないためにも涙を飲んで対応製品を買いましょう。

USB-Aポートと同時に充電する場合は30W出力になる

USB Type-C PD機能とUSB-Aポートは同時利用できるようですが、USB-Aポートと同時に充電する場合は30W出力になります。

その場合、PCの側が電力供給不足に陥いってしまいます。PCの充電をしている際は単独で利用しましょう。

参考までに

61W規格はこちら

1mコードタイプ

0.5mコードタイプ

ABOUT ME
テゲレッド
30代、東京在住。不動産会社役員。 趣味投資。本ブログのライター役。
\完全データ使い放題(楽天回線エリア)/

Rakuten Linkアプリ利用で国内かけ放題

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です